視力回復

夕方になると「なんだかものが見えづらくなってきたな」と感じることはありませんか?

1日中目を酷使した後にそう感じることが多いのではないでしょうか。
それはつまり視力が低下しているということです。

このまま何もしなければどんどん視力が低下していくかもしれません。できることなら視力を回復させたいと思いませんか?

さて視力を回復させる方法のひとつに、レーシックというものがあります。

レーシックとは、角膜をレーザーで削って屈折率を変え、近視や遠視などを矯正する手術のことを言います。
確かにこの手術によって視力が回復し、めがねやコンタクトから解放された人は少なくありません。芸能人やスポーツ選手にもこの手術を受けている人はかなりいます。

ただし、副作用の可能性は否定しきれません。
「ドライアイがひどくなった」「光がまぶしく感じるようになった」「目が痛くて我慢できない」など。

つねにこの副作用があるわけではありませんが、自分の場合に出るかどうかがわからないのでは怖くてたまりませんね。


 

しかし、副作用のない視力回復方法は確かにあります。

それは簡単なトレーニングによって脳の機能を回復して、視力を回復させるという方法です。
このトレーニングを続けていくと、視力の回復に加えて、
・記憶力がよくなった
・集中力が高まった
・仕事がはかどるようになった、などの効果が確認されています。

そのトレーニングのくわしいやり方はこちらでご確認ください。

 


視力回復&脳活性プログラム「アイアップ!」

あなたも脳をトレーニングして、視力を回復しませんか?

 

楽天のおすすめ

 

ページトップへ