財形貯蓄

財形貯蓄

会社員なら財形貯蓄を利用しない手はないですよ♪

探せる通販 > 財形貯蓄

財形貯蓄とは

いわゆる「財形」とは、会社が金融機関と提携し給料から天引きしてお金を貯蓄してくれる制度のこと。
強制的に給料から引かれるので、自分で貯金できる自信がない人にオススメです。

まずは会社に財形の制度があるか、確認が必要。
厚労省の調査によると、従業員100人以上の企業の8割以上が制度を実施しています。
財形には3種類あります。
まず『一般財形』 。これは、貯めた資金の使い道が自由です。
積立期間は3年以上ですが、1年経てば引き出せます。 引き出すには会社の手続きが必要で、 ATMなどから自由に引き出せるわけではありません。
次に住宅財形。 これは、住宅購入や増改築に使い道が限定されます。
将来家を建てるつもり、増改築するつもりなら、こちらがおすすめ。 積立期間は5年以上。住宅資金が必要なときに引き出せます。
最後に年金財形は、老後の生活資金のために積み立てます。 積立期間は5年以上。満60歳以降、年金形式で受け取れるほか保険型もあります。

 

財形貯蓄 メリット

では、そもそもなぜ財形を利用するのか、そのメリットには何があるのか。

まず、非課税措置があること。
通常の貯金だと利息には20%課税されるのですが、 先に述べた住宅財形と年金財形では合算して550万円まで利息が非課税になります。
次に、融資が受けられること。
住宅財形の場合、残高が50万円以上あれば残高の10倍まで住宅資金を借りることができます。 返済期間も最長35年。金利は固定ですが、銀行のローンに比べると安いことが多いです。
また教育ローンも利用できます。
ただし、転職・退職した場合には注意が必要です。 転職先の会社に制度があればそのまま継続できますが、 ない場合には解約となり今までの非課税の分が課税されてしまいます。
財形を始めるなら自分のライフプランに合わせて、無理のない範囲で始めましょう。 続かなくなって解約ということになったら、意味がないですから。

 

サラリーマン限定!ハイパー節税マニュアル111

 

財形貯蓄 トップへ戻る

Copyright 2016 © 探せる通販 All Rights Reserved.

  • SEOブログパーツ
  • SEO
  • loading
  • 楽チン通販
track feed 楽チン通販